園のご紹介

教育・保育理念

子どもたちが現在(いま)を幸せに生活し、それぞれの望ましい未来(あす)を生きる力を育てる。

教育・保育方針

「遊び」を中心とした教育・保育を実践し、子どもの主体的な成長の援助を行うよう一人一人の子どもと真摯に向き合う。

教育・保育目標

0・1・2歳児に向けて

一人一人の子どもについて育児担当保育によるきめ細やかな「養護」を実践し、「生命の保持」及び「情緒の安定」を図る。

3・4・5歳児に向けて

0〜2歳児で培った「養護」を土台に子どもが健やかに成長し、その活動がより豊かに展開されるための発達の援助を行う。

保護者の方に向けて

保護者の方々と緊密に連携し、家庭と当園の双方で子どもの健やかな成長を喜び合う協力関係を構築する。

特徴

  • 子どもたちの感性やひらめきを大切に考え自由な発想を伸ばします。玄関のユニークなモニュメント(大場吉美作)はそのシンボルとなっています。

  • 子どもたちの主体的な活動に有効な支援・援助を職員全員で考えながら、年齢に応じた保育内容で友達同士の信頼関係や仲間作りを構築しています。

  • 園内は教室、遊戯室はもちろん、トイレまで様々な天然木が使用されています。衛生的で優しい肌触りに自然のぬくもりを感じさせます。

  • 園内のいたるところに、アート作品を掲げ、子どもたちの想像力や、好奇心が自然と生まれるように取り組んでいます。

  • 年齢別の各教室には常に2名以上の職員が子どもたちを見守ります。明るい教室内で友だち同士と伸び伸びと過ごしています。

  • 運動機能の発達を十分に考え、園庭や遊技場では子どもたちの気持ちに任せ、元気に走り回らせます。体力の向上にもつながります。

施設のご紹介

  • 室内の遊技場は周りを全て天然木で囲み、見た目も使用感も自然の優しさ、ぬくもりを感じさせます。子どもたちの表情が違います。

  • 園内には季節や行事に合わせ、子どもたちと職員が一緒に作る飾り付けがいっぱいです。いつでもワクワク感があふれています。

  • 園庭は水はけも良く少々の雨では水たまりもできません。運動会用の50mトラックもらくらく取れる広さの中で子どもたちが元気に飛び回れます。

  • カラフルな遊具もいっぱい。子どもたちの好奇心をそそる形や作り方を工夫してあります。安全面もしっかり配慮されています。

  • 豊かな心と共に健康な身体作りも大切なポイントです。園庭には様々な遊具を始め、ミニボルダリングもあり、子どもたちに大人気です。